なぜ 明るくいきるのか

0
    なぜ 明るく生きることを 推奨するのだろう


    わたしは なんとなく いつも元気なのが当たり前と思っていたのだけど

    人生には そうでないときが必ずある


    無理に明るくすると ハートの皮がやぶれそうになるときもある

    だから 明るくしなくていいとおもう


    じゃーどうしたらいいか

    ちょっと ゆるめて 自分に優しくしてあげる

    何もできない自分を ゆるしてあげる

    しかたがない(このことばは日本語だけらしいけど) と ゆるしてあげる

    自分の無力さを受け入れる そうするしかない時がある

    何かしてあげたくても できないときがある

    冷たいと思われてしまう時もある

    明るくなんかできない自分に ちょっと疲れるときもある


    でも そのままの自分に そっと 手を伸ばしてあげる自分もいる

    ありがとう そう 自分にいえたとき ちょっと明るくなれる

    明るく生きるとは このくらいのことでいいのかもしれない


    しずかに 見守る  それも 明るさなのだろう

    無力を悲観しないことにした

    無力な自分を知ることができただけでも 成長したような気がする

    人生は こんなにも深い

    お母さん がんばりすぎないでね

    娘より 

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    あなたが大切だから
    あなたが大切だから (JUGEMレビュー »)
    牛嶋浩美
    あなたにゆる〜くなってほしくて描きました

    links

    profile

    書いた記事数:457 最後に更新した日:2017/08/08

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM